施設概要

藏セントラルキッチンは、高齢者の食事サービスの品質向上と安全性を追求します。

食の安全問題が大きな社会的注目を集めている昨今、2020年のHACCP義務化に向けて食事サービスの安全性が重要視されています。
特に免疫力の低下している高齢者の皆様においては、食中毒等の事故はあってはならないものだと考えております。
『藏セントラルキッチン』は、最新鋭の厨房機器とコンピュータによる温度管理システム・工程管理システム・配送システムを取り入れ、厚生労働大臣・農林水産大臣の認定する厳しい高度化基準に適合した「HACCP高度化認定施設」です。最新鋭の厨房機器とこれまでの厨房調理で培った独自技術を基に、従来のクックチルでは難しい、現場調理を凌ぐ作り立てのお料理の品質と、高い安全性を兼ね備えた日本でトップクラスの未来型のセントラルキッチンです。
また、ご利用者様の「食べる喜び」を最大限に実現すべく、バラエティに富んだ楽しい行事食、イベント食や、常食・軟菜食・ムース食等の刻まず、見た目・味ともに常食と変わらない全く新しい嚥下職でのご提供を行っております。これからの高齢者施設の食事サービスに求められる安全性・品質の向上、効率化による施設様のご負担の軽減を兼ね備えた『藏セントラルキッチン』のサービスは、皆様のご施設のお役に立てるものと信じております。

蔵ウェルフェアサービス株式会社
代表取締役 藤岡 和子

藏セントラルキッチン概要
所在地 〒580-0014 大阪府松原市岡6丁目6番25号
TEL:072-335-0111 FAX:072-335-0222
設立 2018年4月(2018年6月より配食開始)
営業種目 福祉・介護・医療・民間施設等への給食提供
建物概要 敷地面積:1147m²
延床面積:913m²
構造:鉄骨造り 2階建て
生産能力 最大5000食/日
施設認定 HACCP高度化認定
(17年9月認定 日本給食サービス協会)
HACCP高度化認定
蔵ウェルフェアサービス株式会社